春香のビールなまいにち

フィットネスインストラクターをしている私のパワーの源は お客様との楽しいお喋りとズバリ『酒』です! アルコールパワーで頑張りますのでどうぞ宜しく!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

めんどくせぇ事はとっとと済まして楽になろう

毎年毎年この時期叫んでおります。


「数字死ね」


確定申告。


どうせやらなきゃいけないならとっとと殺ってしまおう。
いや、ヤッちまおう。


勿論面倒くさい計算は妹w。
毎年スミマセン💦。
バカ姉でスミマセン💦。


って事で終わったぞぃ(^o^)v
15日に速攻郵送しよう〠


後期の授業の成績もつけ終わったぞぃ(^o^)v


ε-(´∀`*)はぁ。


ホッとしたら暇になったw。


引き篭もりの私は今、超絶ヒマ


って事で久し振りに読書でもしてみようと思います。





半分読んだ。
どうなるのか全くわからん。
楽しみ~☆
スポンサーサイト

| 読書 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰しておりますm(__)m

大変お待たせ致しましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


ぁ、待ってない?(笑)


皆さんに忘れ去られていた「春香のビールなまいにち」復活です♬


1年以上放置しておりました💦


壊れかけのパソコン(by徳永英明)が無くとも、アプリを取れば画像も容易に貼り付けられると言う事を今更知った・・・大人に変われないヨンジュッチャイ


やる気はあったのよー(声を大🔊)


そんなこんなで、またまた宜しくお願いしますm(__)m


久々の更新は、久々にまた読書でもしようと思い立って買ってきた本。


冬は引きこもりだし、ブックオフの会員にもなったからどんどん読まなくちゃ。


今回は↓↓↓





どーだ!!
うまく画像貼れてるだろ??( ・´ー・`)どや


やっぱり久々の読書に新堂冬樹のエゲツなさは外せない。


楽しみは後に取っておくタイプなのでまずは「怖い絵」から👀


まだ途中だけどなんかイマイチ(・д・)毒


早く新堂冬樹読みたいからサラッと読みきろう(笑)


ぁ、ちゃんと食べてるよ(^_-)-☆





コンビニチェックに抜かりはありませぬ(`・ω・´)ゞ


でもなぁー、最近「ジャガビー」の方が旨いかも・・・。と密かに思っちゃってる自分がいるのだ;


時が経つって・・・


一年以上もブログ放置するってそういう事ね(・∀・)テヘペロ




| 読書 | 21:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4、5、6、7冊目

療養中暇すぎて本読みまくりました


ほん2



ほん


①去年の芥川賞作家・田中慎弥の本。
「貰っといてやる」で有名な《共喰い》。


なんかね~、「性」と「母」の話w。


この人、友達いないんでしょうね;


この人の本はもう読まないかな;;


ただ・・・


ワシの大好きな「鰻」がめっちゃ食べたくなった本でしたw。(読んだ事ある人わかってくれるよね?)


②沼田まほかるの《痺れる》。


短編集のためサクッと読めました。


どこか普通じゃない、なんだか気持ちの悪い内容なんだけれど、新堂冬樹の気持ちの悪さを知っている私には物足りない;


中途半端。なまぬるい。


私の感覚が麻痺してる?痺れてる?w


でも、今度は長編読んでみたいな~


③山本文緒《プラナリア》。


この人の本は基本恋愛モノだから、若い時からよく読んでた。


今回は短編集。


しかも始めの話の主人公が「春香」だったから迷わず読もうとw。


本でも映画でも、ハッピーエンドだとなんだかありきたりで、先が読めてつまらないと思っていたけど・・・


やっぱりハッピーエンドなストーリーの方がィィや。


中途半端な、しかもこの先絶対ハッピーにはならないだろう続きを想像するのはなんだか悲しい★
後味が悪い★


この本に出てくる主人公達・・・
揃いも揃ってひねくれてた
勿論「春香」もギャー


④横山秀夫《第三の時効》。


二時間ドラマ大好きな私だもの♪
勿論面白かったさ~


4月は忙しすぎて本読めないかも~


さぁ、明日も頑張るかっっ!


ォャスミナサィ













| 読書 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3冊目

ハイ、3冊目。


無限



新堂冬樹「無間地獄」。


彼の本に出会ったのは10年前くらい。


その名も「吐きたいほど愛してる」。


だいたい1度読んだ本は捨てるかBOOKOFF行き。。。


でも、これだけは・・・これだけはずっと手元に置いてあります。
数回引っ越しても捨てずに連れてきています。


恋愛のHOWTOものでもなく、涙涙の感動ものの話でもありません。


ただただ・・・・・・・・・・・


「グロイ」


です。


でも衝撃的過ぎて何度も読みたくなる本。。。


実際妹2号もこの本にはまり、時々中毒者のように「あの本貸して」と言ってきます(笑)


そんな彼の本を数冊読みました。


そしてビックリたまげました


この人は二重人格者なのかと錯覚するくらい。。。
コッテコテの純愛モノとグロイ奇抜な内容と真っ二つ。。。


正直純愛モノを読んだときは「なんじゃこれおもしくなっ」と叫びそうになったほど


でもこれは、、、
この本はグロくてエグイはず


あぁぁぁぁぁぁ、ワクワクするぅ


| 読書 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2冊目

ぃゃー、今日の打ち合わせはワクワクが止まらなかった
どうなるかは解らないけれど・・・
方向性が同じな私たちだもの。
絶対うまくいくはず。
これから忙しくなるなー
大変かもだけど、不安より楽しみの方が勝ってる今。
頑張るぞぃ♪


って、話は変わり今年2冊目。
今更ww・・・↓↓↓


流星ワゴン


最近は全くドラマを見ない私だけど(2時間ドラマ以外 爆)


今、唯一見ているドラマ「とんび」


これが毎回泣けるんだわ。


原作が重松清だと知りましてね。


数年前に彼の「その日のまえに」という本を読んだことを思い出しました。


あれも泣けたなぁ・・・


この世に「生」を受けたならば必ずやってくる「その日」。
「その日」は絶対やってくる。


残された者、見送る者は何を思うのか。


色々考えさせられた本でした。


この本も泣けるだろうか。


楽しみです。












| 読書 | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT